看護師が隠遁生活してみた

週休5日の隠遁生活をしている看護師のブログ。好きなもなかは栗もなかとチョコモナカジャンボ。

保健師だけどおやつは大好き。無理に我慢はせず、置き換えるようにしています。

今週のお題「好きなおやつ」

こんにちは、保健師なのにおやつ大好きのもなかです。

甘いものに限らず、お菓子だったらなんでも大好き。ただ「保健指導している保健師」としては、お菓子を好き勝手に食べるわけにはいきません。

 

いや別にそんなルールはないんですけどね、医者の無養生という言葉もありますし。ただ患者さんから「あんたは食事や運動ちゃんとしてるの?」って聞かれた時に、さわやかに「当たり前じゃ無いですか、保健師ですもの」と答えたいだけです笑。

あと、患者さんの苦労を少しでも実感できたらいいかなと。もちろん本当の辛さを理解するなんて不可能なのですが。

 

まあそうは言っても、おやつをただ我慢するだけではストレスが溜まるし人生の満足度が低下してしまいます。

そのため私は「おやつを食べたくなったら代わり身体に良い物を食べる」ようにしています。

例えば 

  • アイスクリーム→冷凍バナナ
  • ケーキなどの甘いもの→ものさつまいも・かぼちゃなど
  • ポテトチップス→じゃがいもをホットクックに放り込んで食べる
  • その他しょっぱいお菓子→野菜スティック、ほうれん草のソテー
  • なんとなくお口さみしい→くるみ
  • ミルクチョコレート→カカオ70%以上のチョコレート

などなど。

カロリーや塩分的には、お菓子とあまり変わらないものもありますね。しかし健康管理で考えると、お菓子よりとってもおすすめ。

かぼちゃ

かぼちゃ甘くて大好き、ホットクックに入れるだけで完成

健康的な食生活は「1日の適正摂取カロリー内で、バランスよく栄養を取る」ことが重要です。その目標に合う食べ物で置き換えるようにしています。

 

過去にも記事にしていますね。

inton-kangoshi.com

inton-kangoshi.com

 

カロリーオーバーにならないように、置き換える前に「おやつ欲を自然に低下させる習慣」も取り入れています。

 

inton-kangoshi.com

 

医療や栄養学の世界も日進月歩なので、今日お勧めされている食べ物が明日には悪者になる場合もあります。おやつ大好きな保健師として今後も勉強を頑張らなくちゃ。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました

©2020看護師が隠遁生活してみた