看護師が隠遁生活してみた

週休5日の隠遁生活をしている看護師のブログ。好きなもなかは栗もなかとチョコモナカジャンボ。

看護学実習を楽に乗り切るために、まずやる事② 使う時間をあらかじめ決める

こんばんは、もなかです。

本日も実習対策シリーズ。昨日は、実習を楽に乗り切るために「まずは使っている時間を把握する」事の重要性をお伝えしました。

 

inton-kangoshi.com

 

時間の把握が出来たら、早速削減に取り掛かります。

本日行って頂きたい事は

「使う時間をあらかじめ決めてしまう」

事です。

 

例えば昨日記録に3時間30分使ったなら、本日は3時間ですべての記録を終わらせると決めてください。「減らし方の説明も無く、いきなり30分減らせとか無茶を言うな!」と言われてしまいそうですが、やってみると実際そんなに難しくありません。記録や課題は、制限時間を決めてないと、なんとなく時間が経ってしまう事があるものです。しかし制限時間があったり締め切りが迫っていたりすると、どんな事でもスピードが上がった経験ありませんか?夏休みの最終日の夜にとんでもない速度で課題を片付ける子いますよね、あのイメージです。わたしの姉がそうでしたが、わたしは違います。わたしは宿題を諦めて、先生に怒られることを受け入れる子でした。

 

時間を決めるのは記録だけでなく、他の分野でも行ってください。

昨日ごはんに1時間使ったなら今日は45分。お風呂に30分使っていたなら今日は25分など、無理のない範囲で構いません。ちょっとした時間削減の積み重ねで、大きな時間を得る事ができます。

たくさんの時計をつけた看護師

全ての時間を把握し削減!

とはいえ、ポイントもあります。それが昨日お伝えした「大きく時間を消費しているところから削る」という事です。多くの学生さんが「実習記録」に大きく時間を取られていると思います。まずはここを大幅に削減していきましょう。人によっては1時間くらいは軽く削れるかもしれません。看護学生さんの睡眠時間が少しでも増えることを願っています。過労や寝不足で頑張りすぎたら、本当に感染症になっちゃうのではないかと心配です。

今回は「時間を決めてとにかく減らす」という根性論でしたね。明日からはちゃんした技術もお伝えしますのでご安心ください笑。けど根性論も意外と大切です。今日の「時間を決める」は是非試してくださいね!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

©2020看護師が隠遁生活してみた