看護師が隠遁生活してみた

週休5日の隠遁生活をしている看護師のブログ。好きなもなかは栗もなかとチョコモナカジャンボ。

映画「殿、利息でござる!」から学ぶ。この投資スタイルがいいなあ

映画「殿、利息でござる!」をアマゾンのPrime Videoで見ました。

twitter.com

 

むかしむかし、仙台藩領内にあった宿場町「吉岡宿」での実話。

 

 わたしの解釈で大雑把に内容を説明すると

  • 藩のお手伝いをしているのに、費用は吉岡宿が負担
  • 生活が苦しくなり、夜逃げも相次ぐような大変な状況
  • 住民が「藩にお金を貸して利息で費用を払う」という作戦に挑む

というお話。

 

 貧乏な街なので、資金を集めに悪戦苦闘。とっても笑えるし、心温まるエピソードがちりばめられていて非常に楽しめました。

 

楽しめるだけでなく、お金や人生の考え方の勉強にもなります。

吉岡宿の「藩にお金を貸す」という作戦は、今でいうと国債への長期投資の様なものでしょうか?

 

 

吉岡宿の投資で参考にしたいのは 

  • 今辛いけど、未来のためにあえて今頑張る
  • バクチはせずに、倹約と協力で資金をためる
  • 投資したお金に、末永く支えてもらう

 というところです。

 

投資というと、安く買って高く売ることで利益を得る「投機」イメージが強いかもしれません。

一方この映画で出てくるような投資方法は「売り買いはせず、投資した資金からコツコツと利益をもらう」というものです。

 

どちらが正しいというものではなく、どちらにもメリット・デメリットがあります。

 

「投機」の場合は、短期間で大きな利益を得られる可能性があります。その分大きく失う可能性も。

吉岡宿の作戦では、利益を得るためにはたくさんのお金が必要です。それでも一度に得られる利益は少額で、増えていくのには時間がかかります。その分、末永く利益をもらい続ける事が出来ます。

 

わたしもこの作戦を実行中。

貧乏フリーター時代の学んだ節約術を駆使し、コツコツこびとさん(株式投資など)を増やしています。

性格的に、コツコツ積み上げていくほうが合っているようです。

 

わたしもこの映画のように「末永く自分やその子孫を助けてくれるこびとさん」を育てていきたいと思います。なんだかやる気がでてきた!

 

やっぱりAmazon会員いいですね、映画も本もたくさん読めます。

この映画の配信は2020年10月9日終了だそうです、会員の方は無料で楽しめます。

 

 

本日もありがとうございました。

©2020看護師が隠遁生活してみた