看護師が隠遁生活してみた

週休5日の隠遁生活をしている看護師のブログ。好きなもなかは栗もなかとチョコモナカジャンボ。

一生分の放送大学の学費を「株の配当金」だけで支払いたい!元本はいくら必要なのか、楽しく妄想してみた

こんにちは!

隠遁生活中は時間があり余ってるので、妄想ばかりしている看護師もなかです。 
先日は放送大学に一生涯通うとどのぐらいお金がかかるのか軽く妄想してみました。

 

inton-kangoshi.com

 

本日はその続き。

前回試算した学費を「株の配当金」だけで支払うには、元本がいくら必要なのか計算してみました。

自分は働かずに「こびとさん(株式投資)に学費を払ってもらう」と言う夢のような妄想。ああ楽しい。

 

前提条件

前回計算した学費や通学期間で考えていきます


通学期間:50
年間(私の平均余命)

学費:122万円

配当利回り:4%と想定

 

122万円は「半年に1科目だけ受講」という条件でかかる学費。詳しくは前回の記事をご覧ください。

 

「配当利回り4%」を非常に大雑把に説明してしまうと、100円投資していれば毎年4円もらえるみたいな感じです。

将来のことは分からないので、株式投資で確実に4%以上のリターンが得られるとは限りません。

しかし過去の平均を見てみれば「利回り4%」と言うのは現実的な数字だと個人的には思っています。

 

今回の妄想には、税金や福利については省略します。単なるお遊びの皮算用ですのであしからず笑

 

実際に計算してみる。思ったより安い…のか高いのか笑

早速計算してみます。

先程のこの条件で考えると「122万円の配当金を生み出すには、3050万円も元本が必要!?」と一瞬考えてしまいそうになります(昔のわたしだけかもしれませんが)

 

しかし放送大学の支払いは半年ごと。122万円を50年間で支払うので「1年間に約2万4千円」の配当金を得られればよいということになります。

 

そして計算し直すと投資額は約60万円になります。

 

完全な皮算用でありますが「約60万円の株式投資」をしていれば

  • 50年間放送大学を楽しめる
  • 学割が使える
  • 脳や体にとっても良い
  • たくさんの人と交流ができる

など、60万円以上の価値があるのではないかと私は感じてしまいます笑

 

 

こびとさんに支払ってもらうメリット

こういう話をすると「学費122万円が60万円に減るだけじゃ、あまり変わらないじゃないか!」という方もいるかもしれませんね。

しかしこびとさん(株式投資)には以下のメリットがあります。

 

  • 50年学費を支払ったあとも、ずっとお金を生み出し続けてくれる
  • つまりは次の世代(子供や孫など)に受け継いでもらうことも可能
  • 仮に体調不良で放送大学を辞めたとしても、毎年上記の金額を運んできてくれる
  • 放送大学に飽きても、他のことにつかうことができる
  • 株価の上昇や、配当金が増える可能性もある

 

 

 

すばらしいなあ、こびとさん。

まぁ実際は「何に投資をするか」が非常に大切で難しいんですけどね。

今回想定の様に「年に2回配当金をもらえる」ものに投資できると1番楽かもしれません。株の売却も考えなくていいし。

 

デメリット 

そして忘れてはいけない、以下のデメリットもあります笑

  • 配当金が減る可能性もある
  • 株価が下落する可能性もある(元本保証ではない。)
  • 配当金には税金がかかる
  • 人によっては株価が気になってしまう

 

おわりに

色々妄想をしてみましたが、やっぱり60万円で50年間も大学が楽しめるなんて、私にとってはこびとさんも放送大学も最高です。

もちろん安くはありませんが、金融庁が推進している「つみたてNISA」を上限額利用すれば、2年間で達成してしまう額。

実際、わたしの保有するこびとさん達も放送大学の学費以上に十分働いてくれています。それがなければ早期に引退は難しかったと思います。

 

 

今回は「半年に1科目」で計算しましたが、前回お伝えした通りもっと安く通う方法もあります(個人的にはお勧めしませんが)。その場合、投資額はもっと少なくて済みます。

 

今回も私の妄想に最後までお付き合い下さりありがとうございました!

 

©2020看護師が隠遁生活してみた