看護師が隠遁生活してみた

週休5日の隠遁生活をしている看護師のブログ。好きなもなかは栗もなかとチョコモナカジャンボ。

ようやく隠遁生活に戻ってこれました。

こんにちは、週休5日の隠遁生活中の看護師もなかです!

…とは言いつつも、今年になってから先週までは普通に毎日働いておりました。
そうです、コロナウイルス関連の仕事に駆り出されていたのです。

ニュースでもやってましたね、潜在看護師の活用。


コロナウイルスで医療従事者がもっと必要なため、潜在看護師(資格を持ってるが看護の仕事をしていない人)の現場復帰を推進する、と。
結婚や子育て、夜勤や勤務形態などの理由により、離職してしまう看護師は少なくありません。そんな方々に頑張ってもらおうという流れで、看護学校の先生なども現場に投入する動きもあるようですね。

そして実際に私の所にも看護協会から連絡ありました。

 

私は週に2日ですが、現役の看護師・保健師のはず。しかし潜在看護師扱いになっていたようです笑

いずれにせよ、お手伝いに参加できそうな状況だったので、行ってまいりました。


紹介された仕事内容は、色々なものがありましたねー。

  • 普通に病棟のお手伝い
  • PCR検査関係
  • コロナ関係の電話相談
  • ホテルで療養されている方の健康管理

などなど。電話対応など、患者さんと接触の無い仕事もあるのですね。

私はとある施設に2ヶ月ほど助っ人に行ってきましたが、宿泊地も指定されていました。


「時間に余裕があるなら、もっと長い期間助けてきなさいよ!」と怒られてしまうかもしれませんが、わたしは「自分の出来る範囲で頑張る」というのも大切だと思います。

一応現在の職場の人員の関係もあるし、自分の健康も守っていく必要もあります。


無理はしないけど、もし自分が誰かを助けられる状況なら出来る範囲で行動する。
今後もこんな方針でやっていきたいと思います。

いやーそれにしても2ヶ月は疲れた!
頑張ったので3日間は全力でダラダラします。

まずは今更ながらプリズンブレイクを一気にみております、昨日から止まらない。自宅最高。

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました!

©2020看護師が隠遁生活してみた