看護師が隠遁生活してみた

週休5日の隠遁生活をしている看護師のブログ。好きなもなかは栗もなかとチョコモナカジャンボ。

セミリタイアに最も向いているお仕事、それは看護師!!…だと思い込んでいます

f:id:inton-kangoshi:20200705160242j:plain


こんにちは、もなかです。

セミリタイアにはもいろいろな定義がありますよね。不労所得がなければセミリタイアとは言えない!という意見も多いようですが、わたしは「週に2日くらいの労働で、お金に困らず楽しく生きていけるならセミリタイア状態」と考えています。

極論しちゃえば資産を貯めなくてもセミリタイアは出来ちゃいますよね。もちろんしっかり準備することをお勧めはしています。

わたしも週休5日で隠遁生活中です、たのしい。

 

そんなわたしが、セミリタイアに最も向いていると思い込んでいるお仕事が「看護師」です。

 その理由をご説明します

目次

 

 

理由1  いつでもどこでも仕事があるから

これはちょっと大袈裟かもしれませんが、看護師の求人って実際すごく多いですよね。おかげでわたしも隠遁生活を検討する時に、住む場所や働く時間など自由に考える事が出来ました。都会でも田舎でも、病院や介護施設は必要ですからね。

 

理由2  時給がけっこう良いから

賛否両論あるかもしれませんが、例えば学生さんのアルバイトと比較してみると看護師の時給はかなり良いと思います。週に2日の労働でも、贅沢をしなければ生活は可能でしょう。まあ看護師仲間は「仕事の大変さに比べたら安い」とよく愚痴をこぼしていますが笑。

わたくしは看護師になる前は極貧生活をしていたので、看護師のお給料には満足しております。

 

理由3  仕事の種類も豊富だから

看護師のイメージは病院や診療所ですが、その他にも色々な場所で働く事が出来ます。介護施設、保育所、企業の医務室、障害者施設、看護学校、ツアーナースなどなど。あ、ディズニーランドも求人ありますね。ナースキャストですって、素敵。けど今見てみたら「土日を含む週に5日勤務ができる方」となっていました。週に2日で許してもらえないかな

 

理由4  フルタイムに復帰しやすいから

一般的には、年齢が高くなると再就職は難しくなると思います。しかし看護師の求人は、年齢に関係なくフルタイムの募集も多くあります。もちろん復帰が簡単とは言いませんが、上記のように仕事内容も豊富なので自分に合う仕事を見つけやすいと思います。

いつでも仕事復帰が出来るという安心感は、セミリタイアには強い味方ですよね。わたしもこれがあるから隠遁生活に突入できたのかもしれません。ありがとう看護師免許。

 

結論 看護師の仕事が死ぬほど辛いなら、明日にでも隠遁しちゃえ

看護は人に誇れる仕事だと思いますが、以前のわたしのようにブラック病院で辛い思いをしている看護師さんも多いと思います。そんな方は明日にでも隠遁しちゃってもいいんじゃないかと思います、上記のような強みもあるし。

無責任にお仕事を投げ出す事を勧めている訳ではありませんが、やっぱり一度しかない人生なので自分も大切にしてあげたいとわたしは思うんですよね。

 

看護師以外にもセミリタイアに向いているお仕事はたくさんあるし、なんなら資格なんて無くても大丈夫です(よく考えたらわたしの周りでセミリタイアしている看護師2人しかいない笑)。

それでもわたしの場合看護師・保健師の資格が隠遁生活最高のお守りになっています。もちろん看護師免許+なんらかの不労所得があるとさらに安心した隠遁生活になります。こびとさん(保有株)もかわいい仲間ですよー

 

隠遁生活について何か気になったら遠慮なく質問してくださいね。

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

©2020看護師が隠遁生活してみた